サーバー

ConoHaのCentOS7にGitの最新版をインストールする方法

ConoHaのCentOSでLaravelを動く環境まで構築できましたが今度はGitをいれたいとおもいます。

ただし、yumでGitをインストールすると古いバージョンのgitがインストールされてしまうので、最新版をいれたいとおもいます。

ConoHaのCentOS7に最新版のGitをインストールする

こちらのサイトを参考にさせてもらいました。

CentOS7に最新版のGitをインストールする方法/ハジプロ

Gitの依存ライブラリをインストール

* ConoHaのCentOS7で下記のライブラリをインストールすると、後で “/bin/sh: cc: command not found”というエラーが発生します。(リカバー方法の説明を後でしていますので、とりあえずこれですすんでも大丈夫です)

最初からgccをインストールしておく場合は、下記のコマンドをお使いください。

Gitのソースを取得する

Gitのソースは下記のサイトにて確認できます。

Index of /pub/software/scm/git/

↓ 2018/5/6の時点で下記のバージョンが最新っぽい

CentOS7にGitをインストールする

「cd」コマンドで「/usr/local/src/」ディレクトリに移動。

Gitのソースファイルをwgetで取得します。

圧縮ファイルを展開

Gitのディレクトリに移動

makeする

ここで、私のサーバーでは下記のエラーが発生しました。

ぐぐってみると下記のサイトを発見。

Amazon Linux に 最新のGit(ver.2.9)をソースからインストールする – Qiita

エラーは、makeをするためのccコマンドが使えないということでした。

なので、gccをyumでインストールします。

もう一度!

うまくいったら、

Gitがインストールされたかどうか確認

↑ versionの前の-は2個です。 “ーー”

2018年5月6日時点の最新版はgit-2.17.0.tar.gzだった!

文字列でソートされていたため、最新版の「git-2.17.0.tar.gz」を見落としていました。